株式会社 喜太郎 【 KS構法|家づくりサポート|木材・建材・住宅設備機器 】

株式会社喜太郎
  
【統括本部】
【木構造システム事業部】
熊本県上益城郡嘉島町鯰2803-4
嘉島町事務所2F
TEL.096-274-3339
FAX.096-237-3646
 
【KSサポートセンター】
長崎県諫早市幸町79-12
CRECIA SAIWAI 406号
TEL.0957-56-9070
FAX.0957-56-9071
  
【本 社】
熊本県葦北郡芦北町芦北2190番地

 
───────────────
◆木構造システム事業
◆家づくりの為の各種サポート
◆木材・建材の販売
◆住宅設備機器の販売 
───────────────
【対応エリア】
 九州一円
 福岡・佐賀・長崎・熊本
 大分・宮崎・鹿児島
 
 
 
01599583
 

KS構法のシステム

 
 
KSジベル
KSジベル
KSジベル
KSジベル
KSジベルを挿入した柱
従来の木造軸組工法の断面欠損
KSジベル
KSジベルの説明
木造の家は、木材の木組みで構成されます。よって、木造建築の安全性を語る上で最も重要なところは、木組みにおける連結部(仕口)です。
 
【在来軸組工法での疑問】
一般的に呼ばれている在来軸組工法は、伝統的木造建築に見られる仕口加工と基本的にことなります。
近年の職人不足や生産効率アップのために、機械によるプレカット加工が主流となっております。その結果、連結部(仕口)の断面欠損が大きく、安全性が疑問視されています。
-解決方法-
KS構法では、連結部(仕口)の安全性を確保するために、断面欠損が少ない金物工法(メタル接合)としました。しかし、金物工法に使う木材はほとんどが集成材です。その理由は、無垢材の木痩せによるボルトの緩みと、木質が軟らかい杉材では金物(ボルト)がめり込む不安があるためです。国産材にこだわるKS構法は、木構造生産技術研究所で開発されたKSジベル(特許取得)を採用し、その問題点を解決しました。
 
【KSジベルの特長】
直径25mmの十字型ジベルを連結部に挿入することにより、無垢材の木痩せによるボルトの緩みを防止し、金物(ボルト)のめり込みを緩和します。また、地震時の応力を中心点から均等に伝達するので、従来の材の横に取り付ける補強金物(羽子板金物・ホールダウン金物)と違い、応力伝導によるねじれを防止し、地震時の安全性を飛躍的に向上させます。
KS構法は、全国初の国産材での金物工法として、広く報道され話題になりました。
 
qrcode.png
http://www.kitarou.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<株式会社喜太郎>> 〒861-3101 熊本県上益城郡嘉島町鯰2803-4嘉島町事務所2F TEL:096-274-3339 FAX:096-237-3646